品質マネジメントシステム(ISO9001、JIS Q9001)および環境マネジメントシステム(ISO14001、JIS Q14001)の認証取得の支援、及びISO認証取得支援コンサルタントはマネジメントシステム研究所

マネジメントシステム研究所 マネジメントシステム研究所
HOME ご挨拶 会社概要 プライバシーポリシー お問い合わせ

ISOについて

ISO9001について

ISO14001について

ポイント

ISO認証取得支援業務手順

良いコンサルタントを選ぶポイント

Q&A

お客様の声

マネジメントシステム研究所
マネジメントシステム研究所
〒302-0033
茨城県取手市米ノ井126-16
TEL:0297-70-2587
E-mail info@m-sys.co.jp
ポイント

ISO9001について

ISO9001について ISO9001について
ISO9001とは
品質マネジメントシステム(QMS:Quality Management System)は、当初「品質システム」という名称で品質保証のためのシステムとしてISOに取り入れられた(1987年)。その後、組織体が必要とするいくつかのマネジメントシステムのうちでも最重要なものであると位置付けられ、2000年の大改訂において「品質マネジメントシステム」と呼ばれることになった。
この規格は、一口でいうと、会社などの組織体が実施する業務のうち、品質にかかわる業務(といっても、ほとんどの企業においては、経理処理、人事考課などの業務以外のほとんどがこれに該当する)をどのように実施するかについて、規定したものである。規格には最低限クリヤーすべき基準が記述されている。(したがって、これを最低の規格と呼ぶ人もいる)。会社、製品によっては、独自に必要な基準を設定することになる。規格に従ったマネジメントシステムが構築されているか、および規格に定められた要求事項や会社が定めた決め事が護られているかを、第三者的にチェックする機関(審査機関)が審査し、そこでOKになればめでたく認証を取得することになる。しかし、そのためには、多大な労力と費用が必要であると言われている。
認証取得はスタートである
そのような犠牲をはらって、いったん取得すればそれで終わりではない。取得後の維持、改善にかなりのパワーを必要とすることに十分留意しておかねばならない。
つまり、半年から1年の間隔で、審査機関による維持審査が行われること、また、継続的改善が求められているので、認証取得は、終わりではなく始まりなのである。
これは、どのようなQMSに仕上がっているか、それには会社のキーマンが十分関わっているか、コンサルタントの言いなりになっていないか、会社の規模からいって不必要なシステムになっていないか、従来から存在するシステムとよく融合しているかなどの問いかけに対する答えの内容によってかなり様相は異なってくる。
効果的なシステムとは
以上のことを考慮し、導入後に効果をあげるためには次のことが必要である。
a) できるだけシンプルなシステムとすること。
b) 関連する業務のすべてをISO化すること。
c) 真の経営者を巻き込んでいること。

a) は、言うまでも無い。認証取得時においては、少々足りない位にしておき、その後の運用において改善していくことをお勧めする。
b) に関して、会社によってはいろんな製品があり、どちらかというとISOに適した量産品に限ったスコープで認証を取得するケースがよくある。しかし、世の中、1個限りの製品で認証取得している会社はたくさんある。量産でないからISOに向かないというのはうそである。同じ会社の中で、こちらはISO対象で、あちらは対象外などと複雑になっていては、効果的な運用は不可能になる。また、歴史のある会社などの場合、以前からの業務システムをうまく融合できない状態で構築されたり、ベテラン従業員の中に、ISOを快く受け入れられない人(々)が居たりする可能性がある。そんなときに安易な妥協策として日本人の得意な本音と建前の使い分けに走ってしまうと、二重のシステムを運用するはめに陥ることになる。このような事態は最悪であり、是非とも避けねばならない。
c) に関して、本来の経営者が、ISOを煙たがっていたのでは話にならない。自分のボスがどのような考えでいるかということについて、従業員は敏感である。本来の経営者が乗り気でない場合には、従業員の意識がまとまらず、ISO認証取得活動が頓挫する恐れさえある。
これらの条件がクリヤーできれば、全員参加で効果の出るQMSが構築でき、結果として取ってよかったという状況にもっていくことができる。
効果的なQMS認証取得の支援をします
効果的なQMS認証取得の支援をします
実際に取得するにあたっては、いくつかのノーハウがある。弊社は、これまでの経験から中小規模の企業が認証取得されるにあたって、効果的なアドバイスをすることをお約束します。お気軽にご連絡ください。